糖尿病症状

糖尿病になる原因は生活習慣が大半です。

糖尿病とは一言で言うと血液中に含まれる“糖の濃度”が異常に高くなっている状態が継続する病気の事です。

 

その、異常に多くなった糖が尿から溢れ出して出てくるから糖尿病だと言われていますけど、尿から糖が出なくても糖尿病を患っている方もたくさんいます。尿から糖が出るのは、あくまでも糖尿病の症状の1つに過ぎません。

 

日本人が糖尿病を患う原因の大半は生活習慣病によるもので、実に95%以上の糖尿病患者が生活習慣の乱れが原因で糖尿病にかかっています。過食や運動不足、肥満、ストレス、加齢などが糖尿病の主な原因です。

 

これらの生活習慣の乱れが原因で糖尿病になっている日本人が95%以上(U型糖尿病)なのに対し、残りの5%くらいの方はI型糖尿病と呼ばれ、生まれつき膵臓のβ細胞が破壊されていて、インスリンが体内で分泌されない状態になってしまっています。

 

インスリンは体内に取り込まれたブドウ糖をうまく分解する役割を果たしますが、いずれかの原因によってインスリンが不足して血糖値が慢性的に高い状態になると糖尿病になってしまうのです。

 

糖尿病の症状として怖い3つの合併症

糖尿病

糖尿病になった状態に気が付かずにそのまま何も治療をしないで糖尿病を放置しておくと、個人差はありますが5〜15年くらいで糖尿病が原因の合併症を引き起こします。

 

糖尿病が怖い病気だと認識されている理由は、この合併症にこそあるのです。

 

糖尿病性神経障害

 

まず1つめの合併症が糖尿病性神経障害です。

 

3つの合併症の中でも一番初め症状が現れやすいのがこの合併症で、手足がしびれる末梢神経の障害です。ひどくなると歩く事すら困難になりますし、末梢神経がダメになってしまうので、足が腐ってしまう壊疽の状態を引き起こします。

 

足が壊疽してしまった場合は、最悪のケースでは足の指などを切断しないといけなくなってしまいます。

 

糖尿病性腎症

 

2つ目は糖尿病性腎症で、腎臓(じんぞう)に障害が起こり、蛋白尿が出たり体がむくんでしまいます。

 

腎臓は体にとって不要なものを体外に排出してくれる機能があるのですが、この機能が正常に働かないという事は、体内に毒素がたまってしまうのです。

 

ですから腎症が酷くなると人工透析が必要になってしまい、健全な方にように日常生活を送る事が非常に困難になります。

 

糖尿病性神経障害

 

そして3つ目が糖尿病性神経障害です。

 

眼底にある網膜血管に障害が起こり、弱視や白内障、最悪の場合は失明してしまいます。

 

「最近視力が悪くなったなあ」と感じるような場合は、糖尿病がかなりの割合で進行してしまっている証拠ですから、一刻も早く医療機関で診察を受けるようにしたいものです。


糖尿病の症状は食事と運動で改善できます。

糖尿病を改善するためには食事と運動療法が肝心です。

 

これら2つに気を付けることで糖尿病の症状の進行を抑える事ができますし、健康な方と何ら変わらない状態で日常生活を送ることも可能になります。

 

もちろん少し血糖値が低くなったからと言って、またすぐに過食をしたり運動する事を怠ってしまうと、すぐに血糖値も上がって糖尿病体質になりますから、継続して食事療法と運動療法を行っていかなければならないのです。

 

野菜中心の食事メニューにし、血糖値が急上昇しないように、低いGI値の食材から食べるなど、糖尿病患者は食事の摂り方には人一倍気を付けないといけません。

 

糖尿病の症状や治療法に関しては、『糖尿病の教科書』を参照するようにして下さい。